安心して終末を迎えられる社会に必要なものとはなんでしょう?

介護や終末期医療、信託、相続、そして葬儀、供養。

ライフエンディング・ステージに入ると、いくつも考えることがあります。

考えても分からない、決められない。だから悩んで、不安になる。

安心して終末を迎えられる社会を実現するためには、「考えても分からない、決められない」ことを解消する必要があります。その先には、理想のライフエンディング・ステージを過ごすことができる、『Smart Funeral』があります。

首都圏で葬儀サービスを提供するむすびす株式会社は、いち早くSmart Funeralの実現に向けて、動き出しました。

むすびす株式会社は、Smart Funeralについて「超高齢化・人口減少社会を迎える日本において、QoL(Quality of Life)を向上させるため欠かすことができない社会インフラになる」と見ています。

理想のライフエンディング・ステージを過ごすために、提供するサービスは様々

Smart Funeralを実現するためには、ライフエンディング・ステージにかかわる企業ごとに、様々な方法があると考えられます。

葬儀分野であれば、葬儀社が地域コミュニティに暮らす高齢者の安否を確認し、葬儀以外の相談にものる。葬儀社がインフラのひとつとして、地域コミュニティに根差した役割を果たす。

地域コミュニティに暮す方たちが、万が一の時に「どこの葬儀社にお願いすればいいんだろう」「葬儀はどうやって準備すればいいんだろう」という不安を感じることなく、葬儀を依頼することができることも、Smart Funeralのひとつです。

ライフエンディング・ステージ全般であれば、葬儀社や保険会社、税理士法人がインターネットを通じてお客様の情報を共有し、ライフエンディング・ステージのあらゆるニーズに適切なサービスを提供する。

「終活をどこから考えたらいいのか分からない」「身寄りがないので、万が一のときにどうすればいいんだろう」という不安を解消する。これもSmart Funeralのひとつです。

安心して終末を迎えられることで、豊かに生きる社会。
Smart Funeral社会が目の前に迫っています。

むすびす株式会社について詳しく見る

終活・お葬式のことなら終活メディア