葬儀の費用と種類

社葬・団体葬

社葬・団体葬とは

社葬

企業や団体の発展に尽力した故人の功績を称え、企業や団体が運営の主体となって、費用を負担して行う葬儀の形式です。

社葬の規模は、企業の規模や取引先の数によってさまざまです。参列者が数十名の比較的コンパクトな社葬になることもあれば、企業によっては参列者が1000人を超えるような大型葬になることもあります。

参列者が数十名の社葬の場合は、一般葬と同じように通夜、葬儀・告別式、火葬を行うことが一般的です。しかし、参列者が数百人を超えるような大型の社葬では、まず遺族や親族、親しい友人・知人で家族葬・密葬を行い、後日改めて遺骨になった故人を偲ぶ本葬を行うのが一般的です。

この遺骨になってから行う葬儀のことを骨葬と言います。

社葬

大規模な社葬では、取締役会を中心に葬儀委員会を立ち上げ、葬儀委員長と葬儀社・エンディングプランナーが社葬の運営プランを立案します。さらに、総務・経理部門が会計、社長室・広報室が広報、営業部門が受付といったように、社内の各部署がそれぞれの業務を分担して、葬儀の準備・運営にあたります。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談