葬儀の費用と種類

無宗教葬

無宗教葬とは

無宗教葬

特定の宗教・宗派のしきたりによらない葬儀の形式です。

読経や焼香など決められた宗教儀礼がない無宗教葬は、葬儀場の許す範囲内であれば、葬儀を自由に企画・進行できます。そのため、自由葬と呼ばれることもあります。思い出の映像を流す、故人が好きだった曲を生演奏をする、献花する、お別れの手紙を読むといった演出も自由です。また、特定の宗教・宗派のしきたりによらないので、焼香を行うか献花を行うかどうかも選ぶことができます。

音楽葬の場合、献曲というかたちで生演奏を捧げて見送ることもあります。ただし、葬儀場の中には、大きな音を出せない葬儀場もあるので、生演奏を希望する場合は、葬儀社・エンディングプランナーとの打ち合わせの際に、その旨を伝えておきましょう。

無宗教葬

無宗教葬を選ぶ遺族の中には、葬儀を故人の遺志や遺族の想いどおりに演出したいと考える人がいる一方で、「僧侶にお布施を払いたくない」「宗教に意味を感じない」という理由から無宗教葬を選ぶ人もいます。

また、菩提寺があるのに無宗教葬を行うと、菩提寺にあるお墓への納骨を断られるなどトラブルになることがあるので、菩提寺のある遺族に無宗教葬はお勧めできません。

最後に、無宗教葬は決まった流れがないため、葬儀社・エンディングプランナーに企画力が求められます。無宗教葬を考えている場合は、葬儀社・エンディングプランナーに相談し、無宗教葬の実績や企画力を確認しましょう。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談