葬儀の費用と種類

骨葬

骨葬とは

骨葬とは、火葬場で火葬したあとに葬儀を行う形式で、地域によっては骨葬が一般的なこともあります。骨葬を行う理由は、実にさまざまです。事故に遭われてお別れができない遺体や、亡くなられてから時間が経ってしまった遺体で、とにかく火葬しなければならない場合。海外などで亡くなって、遺体を棺に納めて搬送できない場合など、お骨になってから葬儀を行う遺族は思ったより多くいます。

また、取引先など多くの参列者が予想される大規模な社葬では、家族葬を身内で行い、お骨になってから一般参列者を招いて、社葬の本葬を執り行う方法が一般的です。

ホテルなどに故人の友人・知人を招いて開かれる偲ぶ会やお別れ会も、祭壇に遺骨を飾る骨葬形式で行うことは珍しくありません。

骨葬
骨葬のメリット 火葬の時間を気にせず葬儀時間を設定できる。
火葬の際、一般参列者がいないので遺族・親族のみで故人とお別れができる。
骨葬のデメリット お骨での葬儀になるため、参列者が故人とのお別れに立ち会えない。

骨葬の多い東北地方

仏式での葬儀の場合、骨葬は東北地方で多く見られます。浄土真宗の多い福島県会津地方や沿岸部の一部、山形県の庄内地方を除いた東北の地域ではほとんどが骨葬です。檀家になっていない家庭では、遺族の希望を聞き葬儀の方法を決めますが、寺院の意向が強く反映されるため、骨葬での葬儀になることがほとんどです。

昔は自宅で通夜を行い、寺院で葬儀を行う流れが多かったようです。その場合、自宅を出棺し、火葬をしてからお骨の状態で寺院にて葬儀を行っていました。その名残から、骨葬が今でも根付いていると言われています。また、農家の田植えや収穫時期、漁師の漁業時期など、繁忙期を外して手の空いた時に葬儀を行うため、骨葬が習慣となったとも言われています。

東北地方では、葬儀前の火葬のことを密葬と言い、焼骨後にお骨の状態で本葬・告別式を行います。

東北地方の他に、中国地方や九州地方の一部、沖縄でも見られる葬儀の形式です。

骨葬の流れ
(宮城県仙台市の葬儀社の場合)

宮城県では、通夜を行った次の日に火葬し、お骨で葬儀・告別式を行うのが一般的です。

場合によっては、通夜・告別式の前に火葬をする場合もありますが、主に以下の流れで進んでいきます。

  • 1日目

    通夜式
    • 通夜式の準備
    • 参列者来場、受付
    • 住職の入場、読経
    • 親族、参列者による焼香
    • 住職の退場
    • 喪主挨拶
    • 通夜ぶるまい
  • 2日目

    火葬
    • 出棺の読経
    • 親族の焼香
    • お別れの儀
    • 出棺
    • 火葬場へ移動
    • 火葬
    • 収骨・骨上げ
    • 葬儀場へ移動
  •  

    葬儀・告別式・法要
    • 参列者来場、受付
    • 住職の入場、読経
    • 弔辞、弔電披露
    • 親族、参列者による焼香
    • 住職の退場
    • 喪主挨拶
    • 参列者散会
    • 繰上げ法要(100ヶ日)
    • 親族の焼香
    • 精進落とし

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談