葬儀の費用と種類

1日葬

1日葬とは

通夜がなく、葬儀・告別式と火葬を一日で執り行う葬儀の形式です。

喪主が高齢者で体力面の負担が大きいときや、遺族が仕事で忙しく平日に休みがとりにくいとき、参列者のスケジュールの都合がつけにくいときなどに選ばれます。また、通夜料理の費用や、親族の宿泊費などを削減できるといった経済的な理由から選択する遺族もいます。

遺族や参列者の時間的・経済的な負担を軽減できる1日葬は、近年、徐々に増える傾向にありますが、遺族の希望だけでは行えない場合もあります。

菩提寺がある人は、1日葬を執り行う際に、菩提寺の許可が不可欠だからです。お経は通夜に読まれるものと、葬儀・告別式に読まれるものとそれぞれ意味があるものです。菩提寺によっては、1日葬を認めないこともあるので注意しましょう。

菩提寺があるのにも関わらず、菩提寺の許可を得ずに葬儀社に僧侶の手配を依頼して1日葬を行った場合は、菩提寺からお墓への納骨を拒否されることもあります。

1日葬
1日葬のメリット 1日で終わるので、時間的な負担が少ない
費用の負担も抑えられる
1日葬のデメリット 菩提寺がある場合、許可が必要

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談