宗教別葬儀スタイル

神道の葬儀

神道は、日本人の暮らしの中から生まれた日本古来の民族宗教です。初詣やお祭り、七五三、結婚式、地鎮祭など神道にまつわる祭礼は、日常生活のいたるところで見られます。葬儀についても、日本で仏式の次に多いのが神式の葬儀です。 神道では人が亡くなることを帰幽(きゆう)と言います。

これは故人の御霊が冥界に還ることを意味しています。神道の葬儀である「神葬祭」を行うには、氏神神社、産土神社、鎮守の神社などの宮司に、喪主から直接連絡して、家族が亡くなったことを伝え、神葬祭を執り行うお願いをします。

宮司には神葬祭の後も、さまざまな霊祭を頼まなければならないので、葬儀社任せにしないことが大切です。

神道の葬儀

喪主から依頼を受けた宮司は、産土の神と霊界の神に「帰霊奉告の儀」を行い、神葬祭の準備が始まります。

喪主は、自宅の神棚と祖霊に家族が亡くなったことを報告して、お供え物を下げ、神棚全体を半紙で覆います。神道では死を穢れとして忌み嫌います。半紙で神棚を覆うのは、忌明けの五十日祭まで神棚が穢(けが)れないようにするためです。

準備が整ったら、故人の遺体を病院などから搬送します。原則として神社の境内には、遺体や遺骨を持ち込むことはできないので、遺体の搬送先は自宅か専用の安置施設になります。

故人を安置したら、最初の神事である「枕直しの儀」が宮司によって奉仕されます。続いて、故人の現世の汚れを清める意味のある「湯灌の儀」、遺体を棺に納める「納棺の儀」を行います。

仏式の通夜にあたる「通夜祭」は、古代から日本で行われてきた葬儀儀礼で、死者の復活を祈りつつ、大切な人との別れを惜しみ、御霊(みたま)の鎮魂を願うものです。神社によっては前夜祭、終夜祭とも呼ばれます。

また、通夜祭では室内の明かりをすべて消して、故人の御霊を霊璽(れいじ)に移す「遷霊の儀」が行われます。霊璽とは仏教の位牌にあたるもので、故人の御霊が宿ることから霊形、霊代、霊主とも呼ばれます。通夜祭、遷霊の儀が終わると、酒や食事で参列者をもてなして故人を偲ぶ直会が行われます。

翌日の午前中に営まれる「祭場祭」は、仏式の葬儀・告別式に当たります。祭場祭は、宮司が式場や参列者を清める「修祓(しゅうばつ・しゅばつ)の儀」にはじまり、神様にお供えものを献上する献饌(けんせん)を行います。続いて、故人の人柄や業績などが読み込まれた祭詞が、宮司によって奉上されます。最後に宮司、喪主、遺族、一般参列者の順に玉串奉奠(たまぐしほうてん)をして、祭壇のお供え物をを下げる撤饌(てっせん)を行います。

祭場祭のあとは、「出棺祭」「火葬場祭」を行い遺体を火葬します。

火葬場からすぐに納骨する場合は、「埋葬祭」を行いますが、五十日祭で埋葬するケースも増えています。火葬を終えると帰家祭を行い、遺骨は納骨までの間「仮霊舎(かりみたまや)」に安置します。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談