宗教別葬儀スタイル

キリスト教の葬儀

キリスト教徒にとって死は滅びだけでなく、新たないのちへの門であり、地上の生活を終わったあとも、天に永遠のすみかが備えられています。
そのため葬儀は、故人にとって地上における最後の祈りの場であると同時に、悲しみのうちにある遺族には励ましとなり、愛する人を神の御手にゆだねるための祈りの場でもあります。

キリスト教の葬儀

キリスト教の葬儀は、一般の参列者も葬儀のはじめから参列するのが決まりです。

仏教の通夜にあたる通夜の祈りや前夜式、葬儀ミサや葬儀式では、参列者も信者と一緒に聖歌や賛美歌を歌います。

また、仏教の焼香にあたるものとして、献花をすることもあります。

カトリックの葬儀の流れ

1.臨終の祈り 信者が危篤になった際、カトリックでは本人や家族の希望する場合、信者が所属する教会の司祭を呼び、心身の健康の回復を祈る「病者の塗油(とゆ)」や、すべての人々がキリストのうちに1つに結ばれる「聖体」の秘蹟を行います。臨終の際には「臨終の祈り(死の直前の祈り)」によって罪の許しを与え、祝福を授けます。
2.納棺式 遺族と親族は遺体に十字架かロザリオを持たせ、司祭が納棺に立ち会う際は、「納棺式」や「納棺の祈り」を行います。その後、聖書朗読、聖歌合唱、祈りを行って納棺します。
3.通夜の集い 仏教の通夜にあたるのが「通夜の集い」です。聖書朗読、聖歌合唱、司祭による「説教」と「献香」、参列者による「献花」などが行われ、最後に遺族代表から挨拶があります。キリスト教には通夜ぶるまいの慣習はありませんが、遺族は茶菓などで参列者をもてなします。また、通夜は特別な時にはミサになることもあります。
4.出棺の祈り 通夜の集いを自宅で行ったときは、葬儀ミサのために柩を自宅から教会に送り出す際に、遺族と参列者がそろって「出棺の祈り」を捧げます。通夜の集いを自宅以外の場所で行ったときには、教会に送り出す前に「出棺の祈り」を行います。
5.葬儀ミサ 司祭が柩を教会に迎え入れ聖水を注ぎ、祭壇と柩に敬意を表す「献香」を行います。司祭は「開祭の言葉」を述べて、参列者と共に祈ります。続く「言葉の典礼」では、聖書の朗読、典礼聖歌、福音書の朗読、司祭による説教などが行われて、司祭と参列者が交互に祈ります。遺族が祭壇に捧げたパンとぶどう酒で「感謝の典礼」が行われます。
6.告別式 葬儀ミサが終わると告別式が続きます。告別式は、葬儀ミサに参加しなかった故人と親しかった人も、お別れに来ることがあります。司祭が入堂して「開式の辞」を述べ、参列者全員で聖歌を斉唱します。司祭が棺に聖水を注ぎ「献香」したあと、「告別の祈り」を捧げ、弔辞、弔電を紹介します。式の終わりに遺族代表から挨拶があり、参列者による「献花」が行われることもあります。
7.火葬 本来、火葬場に司祭は行かない習わしですが、日本では遺族の希望が多いため行くことも多くなりました。司祭は「火葬の時の祈り」を捧げます。
8.納骨 カトリックでは、遺骨を墓に納骨する日に決まりはありません。故人が亡くなった日から数えて、3日、7日、30日に教会で「追悼ミサ」が営まれるので、そのミサに合わせて納骨するのが一般的です。

プロテスタントの葬儀の流れ

1.枕頭の祈り 病院などから遺体が自宅に安置されたところで、牧師によってなされる祈りです。このとき遺族も故人の枕もとに集まって祈りをささげます。
2.納棺式 牧師の司式で、遺族の手により故人を棺に納める式です。教会が執り行う葬儀は、この式から始まります。
3.前夜式 仏教の通夜にあたるのが「前夜式」です。葬儀前日の夕刻に、遺族と故人にゆかりのある人が集まって、故人を偲びつつ賛美歌を歌ったり、聖書を朗読する「棺前祈祷会」が行われます。キリスト教には通夜ぶるまいの慣習はありませんが、遺族は茶菓で参列者をもてなします。
4.出棺式 住みなれた自宅から教会へ故人を送り出すとき、牧師が「出棺の祈り」を捧げます。前夜式を自宅以外の場所で行ったときは、前夜式のために自宅を出るとき行います。
5.葬送式 「葬送式」は、葬儀の中心となる式であり、神様の御心を聴き礼拝するものです。一般的な葬送式はオルガンの演奏にはじまり、聖書朗読、賛美歌斉唱、牧師による「葬儀の辞」、「祈祷」、弔電の紹介などが行われます。葬送式の終わりに遺族代表が挨拶し、参列者による「献花」が行われることもあります。
6.火葬前式 火葬の直前に牧師の司式によって行われる日本独自の式です。ここで故人と最後のお別れをします。
7.埋葬式 葬儀式を終えた後、あるいは数日後に、遺族は故人の遺骨を墓地に納める「埋葬式」を、牧師の司式のもとに行います。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談