Q.喪主の決め方、施主の決め方を教えてください。

 喪主と施主には誰がなるべきですか?

回答:1 評価:1
A.

喪主と施主の違い

喪主(もしゅ)は、遺族を代表者して弔問を受ける葬儀の主催者です。

それに対して施主(せしゅ)は、葬儀費用を負担し、葬儀全体を管理する責任者になります。一般的な葬儀では、喪主が施主も兼任する場合がほとんどです。

夫婦のどちらかが亡くなったときは、配偶者が喪主を務めます。

喪主を務めるのは男性でも女性でもかまいません。夫婦で夫が亡くなった場合、喪主を務めるのは配偶者である妻(女性)です。故人の配偶者がいない場合は、一般的には兄弟姉妹の中で年長者が務めます。

また、故人の配偶者が高齢だったり、病気の場合は、形式上は配偶者が喪主を務めますが、実質は子どもが喪主の役割を果たします。

父親が亡くなった後、長年にわたって母親を介護してきた次男が、母親の葬儀費用も全額負担した際、喪主は慣例に従って長男が、施主を次男が務めるといった例もあります。

一方、企業が主体となって執り行う社葬では、喪主は遺族代表、施主的な役割を葬儀委員長を中心とした企業側の複数の担当者が務めます。

100年以上昔の明治憲法下の家制度では、家督にあたる戸主権は長男が相続すると規定されていました。そのため、戸主である父親が亡くなったとき、喪主を務めるのは母親ではなく、長男でした。

戦後、現行憲法が施行されて家制度がなくなっても、しばらくの間は一部の地域で長男が喪主を務める慣習として残っていたようです。

喪主になる人

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談