葬儀の流れ

家族内での打ち合わせ

家族の話し合いは、なるべく生前に行うことを勧めます。逝去後に比べて冷静に判断できる生前であれば、葬儀の要望をしっかり考えることができ、無駄な出費も抑えられ、後悔のない葬儀につながるからです。
逝去後に家族で話し合う場合は、精神的にも肉体的にも負担がかかっている状態なので、家族の状態に配慮しましょう。

家族内での打ち合わせ

家族のやることチェックリスト

家族の中で誰が喪主・施主をやるのか決める
葬儀の形式、参列者の人数、葬儀の予算について決める
参列者の連絡先を確認する
遺影写真を決める

必要書類・手続きチェックリスト

死亡届を書き、葬儀社へ渡す
届出人の印鑑を用意する(シャチハタ不可)

ワンポイント

家族の打ち合わせでは、故人の遺志や希望の葬儀演出などを確認して、内容を決めましょう。遺影用の写真は、いざという時に見つからなかったり、なかなか決まらなかったりする方が多いので、あらかじめ準備しておきましょう。

葬儀の豆知識

葬儀の決定要因

「葬儀についてのアンケート調査」(日本消費者協会)の全国調査によると、葬儀の費用や規模の決定要因として「親族の意見」という回答が最も多く、43.8%でした。以下、「遺言および生前の希望」が11.5%、「葬儀社の助言」が9.4%で続いています。調査エリア別で見ると、東京・神奈川・埼玉ブロックでは、「遺言および生前の希望」が26.7%と全国調査の数字を大きく上回っています。首都圏では、「終活」に対する意識が高いことが伺えます。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談