葬儀の流れ

葬儀・告別式(仏式)

地域によっては、葬儀・告別式の前に火葬を行うところもあります。

葬儀・告別式(仏式)

葬儀・告別式の流れ

1 僧侶を迎える
2 弔問客の受付
3 式場に一同着席
4 僧侶を式場に案内する
5 開式の辞
6 読経(葬送儀礼)
7 式辞、弔辞、別れの言葉など
8 弔電の紹介
9 親族の焼香
10 来賓、関係者の焼香(地域によっては指名焼香もある)
11 一般参列者の焼香
12 僧侶の退場
13 喪主の挨拶 
14 閉式の辞

家族のやることチェックリスト

弔電の順番などを決める
指名焼香の場合は、来賓者に依頼する
僧侶を迎え、控室などへ案内する

ワンポイント

弔辞や挨拶は、簡素に自分の言葉で表現しましょう。

葬儀の豆知識

葬儀・告別式で知っておくべきマナーとは?

弔辞は誰に頼むべき?

弔辞(ちょうじ)とは、故人の死を悼み悲しむために、参列者の代表者が述べる言葉です。絶対必要なものではありません。故人との付き合いが深く、弔辞をお願いしたい方がいる場合は、依頼しましょう。弔辞をお願いする相手は、一般的に故人と親しかった友人、上司、先輩などがよいでしょう。

葬儀の規模によりますが、弔辞は2~3人にお願いすることが多いようです。もし、弔辞を申し出る方がいた場合、断るのは失礼なのでお願いしましょう。

弔電はいただいたものすべてを紹介すべき?

弔電(ちょうでん)とは、式中に紹介される電報のことです。親しかった友人の方、会社関係者などから送られてきます。

弔電の紹介は、地位の高い人から順に紹介していきます。すべてを紹介する必要はありませんが、多く頂いた場合は、5通程度を目安に紹介するとよいでしょう。その際、葬儀社のスタッフに相談してください。

お布施を渡すタイミングは?

菩提寺の場合は、渡すタイミングが菩提寺ごとに異なるので、菩提寺に相談してください。渡すタイミングは通夜前が一般的ですが、葬儀前の挨拶に伺った時や、告別式を終えた後などのタイミングで渡すこともあります。
葬儀社が手配した僧侶の場合は、葬儀社がお布施を渡すタイミングを案内します。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談