葬儀の流れ

危篤

医師からの危篤の連絡で、病院へ駆けつける際、気をしっかりと持ち、大切な家族との時間を過ごしましょう。

危篤

家族のやることチェックリスト

家族が会わせたい親族に連絡し、最期の時を看取ってもらう。
親しい友人・知人へ連絡し、最期の時を看取ってもらう。
現金を用意しておく。(入院費用、葬儀費用の支払い、当面の生活費など)
危篤の方の口座番号や暗証番号を確認しておく。
家族の承認があり、本人が臓器提供を希望している場合、心停止後に医師が臓器移植ネットワークに連絡するので、あらかじめ健康保険証、運転免許証、マイナンバーカード等で臓器提供の意思表示欄を確認しておく。

ワンポイント

危篤時に連絡する人は、家族や親族、とくに親しい友人・知人、勤務先などです。
あらかじめ連絡者リストを作成しておくと、葬儀の案内を出す際もスムーズです。

連絡者リスト(Excel)

葬儀基礎情報

死後、銀行口座は凍結される!?

役所に死亡届を提出すると、銀行などの金融機関に死亡の連絡がいき、故人の口座が凍結されると言われています。しかし、役所が金融機関に死亡の事実を連絡することはないので、口座は凍結されにくいのが現状です。
病院や葬儀社への支払い、当面の生活費等を故人の口座から引き落とす必要がある場合、あらかじめ引き落としておくとよいでしょう。
口座が凍結された場合、相続手続きが必要となります。手続きが終わり、問題がなければ1週間から1カ月後に、遺産分割された金額が相続されます。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談