葬儀の流れ

火葬・収骨

遺体を火葬し、焼骨を骨壷へ納めます。

火葬・収骨

火葬から収骨までの流れ

1 僧侶の読経
2 親族、関係者の焼香
3 火葬炉へ(荼毘)
4 控え室で待機
5 喪主から順に骨上げ(収骨)します
6 遺骨を持参して帰宅

必要書類・手続き

火葬許可証を火葬場へ渡す(葬儀社が代行します)
埋葬許可証を火葬場からもらう(納骨時に必要な書類のため、管理は厳重に)
分骨して複数のお墓に納骨する場合は、その数だけ火葬場から分骨証明書を発行してもらいます

ワンポイント

分骨する場合は、葬儀社にその旨を事前に伝えておけば、分骨用の骨壷を別に用意してくれます。分骨した骨壷を別の場所に納骨する場合、火葬場より分骨証明書を発行してもらう必要があります。

葬儀の基礎情報

関東と関西で違う! 骨上げ(収骨)とは?

欧米の火葬が遺骨の原型が残らない「骨灰」にするのに対して、「骨上げ」(「収骨(しゅうこつ)」「収骨(しゅうこつ)」とも呼ばれます)は日本独自の慣習です。

関東の収骨は、お骨を全て骨壺に収める全部収骨です。関西の収骨は、お骨の一部を骨壺に収める部分収骨です。そのため、関東の骨壺は関西に比べて大きい傾向にあります。関東の骨壺は一般的に7寸(2号とも呼ぶ)を使用します。

骨壷のサイズ

関西では本骨と胴骨の2つに分けて収骨します。本骨は地域によって異なり、喉仏のみ、喉仏と頭の骨の一部、喉仏と手足の指の関節などを指す場合があります。本骨以外を胴骨と呼びます。
寺院の本山が多い京都や奈良に近い大阪では、菩提寺の本山に本骨を納め、自分たちのお墓に胴骨を納めるという風習があります。現在では、本骨のみを2寸の骨壷に納める方が多いようです。胴骨を納める場合は、5寸の骨壷を使用します。

最近では生前に自分の希望する骨壷を用意する方もいます。ただし、一部の民間火葬場では指定の骨壷でしか受付けてもらえないこともあります。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談