葬儀の流れ

遺体安置

病院等から遺体を搬送後、安置施設または自宅へ安置します。
菩提寺がある方で、故人を自宅に安置する場合は、僧侶の枕経があります。

遺体安置

家族のやることチェックリスト

家族の中で誰が喪主・施主をやるのか決める
寺院、神社、教会などの関係者と葬儀について打ち合わせる
戒名・法名について打ち合わせる(仏式)
近所や会社関係などへ手伝いをお願いする(一般葬の場合)

ワンポイント

自宅に神棚がある場合は、神棚に穢れが及ぶことを防ぐために、忌明けまで白い布や半紙などを貼る、神棚封じを行います。神道では死を穢れと忌み嫌うからです。神棚封じを行う人は、穢れの及んでいない家族以外の人です。一般的には葬儀社のスタッフが行います。

葬儀基礎情報

「枕飾り」について

遺体の頭を北向きに安置する「北枕」にし(部屋の構造上、不可能なときは西向きにします)、遺体の枕元に枕飾りを用意します。仏式の枕飾りは、小机の上に、香炉、燭台、花立がセットになった三具足(みつぐそく)を置きます。また、供え物には浄水、枕飯(故人が生前愛用していた茶碗に飯を山盛りにして箸を立てたもの)、枕団子などが一般的ですが、宗教・宗派、地方によって道具は多少異なります。遺体安置の時点で葬儀社が決定している場合は、枕飾りの道具一式を用意してくれることがほとんどです。

お問い合わせ・資料請求・ご相談

ご質問や資料請求などお気軽にお問い合わせください!

  • 葬儀についての不安や疑問を解消したい。
  • 複数の葬儀社の見積もりが早く欲しい。
  • 気になる葬儀事例、葬祭ディレクター・エンディングプランナー、葬儀社について、さらに詳しく知りたい。

こんなときはお気軽にご相談ください。

  • 24時間365日
    メールでも電話でも
  • お問い合わせ・
    ご相談・資料請求は
    すべて無料
  • 葬儀の専門スタッフが
    ご対応

お問い合わせ・資料請求・ご相談