85

この葬儀事例の基本情報

葬儀スタイル
社葬
規模
宗派
お見積り予算
200万円以上
葬儀費用内訳
香典返し
なし
告別式実施日
2015-2016年冬

お問い合わせ・資料請求・ご相談

この葬儀事例の特徴

はじめての社葬

はじめての社葬

家族はもちろんのこと、
ご実家の親戚、そして会社関係の方々にも
ご本人と人との縁を感じていただきます。

建設系の会社様の取締役会長という
お役職であられたので、社葬にて執り行います。

会社の業務の関係上、ご逝去から中二日での社葬となり、
会社の方々並びにご家族の方も
時間の無いなかのご準備となりました。

会社としても初めての社葬。
あまり奇をてらう事が出来ないと思う反面、
この度の葬儀が今後の会社様の葬儀の基準になることもあろうかと思います。

不言実行

不言実行

具体的にテーマをどうするか、
という言葉のもと、お話を伺わせていただきました。

そこで出てきたのは人との繋がり。その繋がりを感じてもらうことこそ、
この度のお見送りで必要であると皆様と共有させていただきました。

ただひたすらお仕事に従事されていたようです。
そこで会社の方からお伺いしたのは、不言実行にて行う他人への気遣い。

現に、有言にて何かを行う事はされませんが、
例えば後輩や部下が業務の相談をされます。
その際はアドバイスはしても特に何かをする、というお話は一切されません。
しかし後々、相談した本人が確認をすると、
その業務は全て進めてくれている事が多くあったそうです。

家庭菜園

家庭菜園

唯一の趣味として、釣りとそして、
ご実家が農家ということもあるのかと思いますが。
家庭菜園をされていたそうです。そこに共通点を見出しました。
野菜を育てること、そして部下や後輩を育て、指導すること。
そこには気遣いと優しさ、何よりもイノチに対する想いを感じました。

そこを繋げるために、ご家族には自宅の土と、
そしてちょうど実っていた大根をお持ちいただきます。
土はそのままお棺に、大根はご本人がそうしていたように
浅漬けにしていただき、告別式のお食事の際に
皆様に少しづつ振舞っていただきます。

この葬儀が行われた斎場・葬儀場・火葬場

通夜、告別式
松戸市斎場
千葉県松戸市串崎新田63-1
新京成線八柱駅またはJR武蔵野線「新八柱駅」下車より タクシーで10分
新京成線五香駅より 新京成バス(紙敷車庫行・松飛台駅行)に乗車し「松飛台十字路」下車 徒歩10分
北総鉄道北総線松飛台駅より 徒歩20分
火葬
松戸市斎場
千葉県松戸市串崎新田63-1
新京成線八柱駅またはJR武蔵野線「新八柱駅」下車より タクシーで10分
新京成線五香駅より 新京成バス(紙敷車庫行・松飛台駅行)に乗車し「松飛台十字路」下車 徒歩10分
北総鉄道北総線松飛台駅より 徒歩20分

お問い合わせ・資料請求・ご相談

葬儀ガイドに参加したい葬儀社の方へ