120

この葬儀事例の基本情報

葬儀スタイル
家族葬
規模
~50人
宗派
仏教
お見積り予算
150万∼200万円
葬儀費用内訳
香典返し
なし
告別式実施日
2015年夏

お問い合わせ・資料請求・ご相談

この葬儀事例の特徴

とにかく明るく、自由人だった母

故人様は下町葛飾区のご出身。
たくさんのご兄弟のもと青春時代を過ごされてまいりました。

「色々あったのですが。。。とにかく明るい母でした。」

葬儀を仕切るのはまだ30代のご長男。
自身で独立し家庭も持つしっかりとした息子様です。


“自由人”

と表現するご長男のお母さんのイメージ。

お預かりした写真には晩年、海外旅行に行った時の写真やご友人との楽しい写真。
そしていつも片手には大好きな“アサヒスーパードライ”を持ちみんなとの時間を一緒に過ごしその周りにはいつも誰かが集まってくる。
そんなお人柄でした。
『小さい頃?ん~俺も正直反抗期が長かったからな~!?』
故人様のお話をすると途端に笑顔で返してくれるご長男。
「そうね~。尋常じゃないくらいお母さんの所に行ってたもんね~。私もだけど!?」
一緒に同席していたご長男の奥様からのお話。
病気が発覚してから、何よりも誰よりも故人様の事を第一に動き、時間を作り母との時間を作ってきたご長男。
“この時がきてしまうことはわかっていた。。。”
少し笑顔で話をしてくれる裏には、出来る限り悔いを残さないよう必死の看病を行ってきた面影も感じると同時に
【病気になるまでにもっと色々してあげたかった。。。】
“孝行のしたい時分に親はなし”
この言葉が重くのしかかってきました。

生涯愛した“ビール”の献酒

そして遺影写真の打合せ時。
『この写真は使えますか?』
そこには高級料亭で家族3人が笑顔で写る写真。

その写真からは“仲の良い家族”ということしか感じることは出来ない位の写真でした。
この度の葬儀を通じ
【明るい故人様だからこそ笑顔で送ってもらいたい】
ご主人も含めて最後の家族の空間を提供させて頂きます。

現場は千葉市斎場様。
親族も多く40名前後見込んでおります。

みんなからのメッセージぬいぐるみ

メイン祭壇はお花を用いたa1飾り。
“黒の服を好んでいた”
という全般的に“シック”な雰囲気も持ち合わせた故人様らしい雰囲気にてお飾り。
紺や紫をベースとしたクラシカルなお花に柔らかい照明と白をバックにお飾りさせて頂きます。
そして祭壇脇には今までの旅行に行った時の写真を掲示。
久しぶりにあう親戚の皆さまにも晩年楽しかった姿をみんなに見て頂きます。
そしてクライマックスには大好きなお酒とメッセージつきのぬいぐるみを用意。
ご一家の親族間で最近不幸が続いておりご親戚から“共引人形を入れなさい!”と指示があり家族が用意。

しかし、そういった意味合いのものだけでなく“これからも一緒”という家族の絆を深めて頂くぬいぐるみと家族の写真を最後に手向けて頂き家族の空間を提供してまいります。

この葬儀が行われた斎場・葬儀場・火葬場

通夜、告別式
千葉市斎場
千葉県千葉市緑区平山町1762-2
JR外房線鎌取駅より バス(JR都賀駅 行)に乗車し「千葉市斎場」下車
JR総武本線都賀駅より バス(JR鎌取駅行)に乗車し「千葉市斎場」下車
火葬
千葉市斎場
千葉県千葉市緑区平山町1762-2
JR外房線鎌取駅より バス(JR都賀駅 行)に乗車し「千葉市斎場」下車
JR総武本線都賀駅より バス(JR鎌取駅行)に乗車し「千葉市斎場」下車

この担当者の葬儀事例

お問い合わせ・資料請求・ご相談

葬儀ガイドに参加したい葬儀社の方へ