1153
さよなら僕らの先生
42秒

この葬儀事例の基本情報

葬儀スタイル
一般葬
規模
~100人
宗派
無宗教
お見積り予算
200万円以上
葬儀費用内訳
香典返し
なし
告別式実施日
2014年夏

お問い合わせ・資料請求・ご相談

この葬儀事例の特徴

園長だった故人様の保育室を式場に再現

この度お手伝いさせていただく故人様は、晩年はご自宅兼保育室の園長をされてこられた方です。

ご主人様からはクラシックをかけながら和やかに送りたいというご希望がありました。
また、お父様の影響でご長女の様はピアノの先生をされています。
故人様は元々は市の保育園に務めており、その後55歳で念願の夢であった保育室を設立され、
約20年間、保育室の園長を務めてこられました。
そして今から5年前にお母様の体調不良により閉園されたのですが、この度の打合せは、その園でさせていただきました。
飾り物などは変わってしまっておりましたが、ピンクの棚や使用されていたテーブルや椅子などはそのままの姿で残されておりました。

設立当初先生が3名。児童も3名という人数から始まったそうで、多い時には20名ほどの園児がこの場所で育ってこられました。
その中の一人であり、第一期生がご長女様の息子様でした。
そしてまた、初代先生の中の一人がご次女様であり、後に、ご次女さま本人が園の園歌を作詞され、多くの児童らがその歌を歌い、思い出として残されたのです。
当社の体制面やサービス、大切にしていることなどをお伝えして、深い感銘をいただいています。
沢山の毎日を、ここで過ごしてこられ、 何度も笑って 何度も泣いて      
何度も風邪をひいて、 沢山の友達と遊んできたのが、この保育室なのです。
嬉しい事も、悲しい事も忘れずに、沢山の友達と遊んできたこの保育室。
故人様自身、20年の歴史に誇りを感じてこられ、何よりも、その園が全てであったことからこの度のお別れの場である式場でも『園を再現』させていただき、ご会葬に来られる元園児や親御様には、
何か懐かしく、楽しかった思い出を思いだしていただき、故人様をお偲びいただきたいと思います。

園歌をご会葬の皆様で歌っていただきます。

その再現するための思い出コーナーは、できる限り実際の保育室の物をお預かりさせていただくのですが、実際に使用して、給食を食べていたテーブルやそれぞれのロッカー代わりであったピンクの棚や園児用の小さな椅子やおもちゃやぬいぐるみ等、
そして園の看板と実際のドアもお預かりさせていただきお飾りするのですが、
その備品をよりリアルに再現するために床材として使用していたフロアーカーペットやピンクの壁紙やイーゼル、おもちゃ等を弊社から提供し、細かい飾りつけが得意なご家族と共にコーナーを作りあげるご提案をさせていただきました。
また、実際の式次第に関しても、家族を巻き込んでの内容とさせていただき、
第一期生であったお孫様に初代先生であるご次女様、父の影響でピアノの先生をされているご長女様など、それぞれの分野で故人様を送り出すためにできる事を模索されて来られました。
寝る暇を惜しんでお母様(故人様)を送り出すための準備をされているご遺族様ですが、
間違いなく心に残る手作り感のお葬式になること間違いなしです。

この葬儀が行われた斎場・葬儀場・火葬場

通夜、告別式
南多摩斎場
東京都町田市上小山田町2147
京王相模原線南大沢駅より タクシーで5分
JR横浜線相模原駅より タクシーで15分
火葬
南多摩斎場
東京都町田市上小山田町2147
京王相模原線南大沢駅より タクシーで5分
JR横浜線相模原駅より タクシーで15分

お問い合わせ・資料請求・ご相談

葬儀ガイドに参加したい葬儀社の方へ