1078

この葬儀事例の基本情報

葬儀スタイル
自宅葬
規模
~10人
宗派
無宗教
お見積り予算
50万∼100万円
葬儀費用内訳
香典返し
なし
告別式実施日
2014年春

お問い合わせ・資料請求・ご相談

この葬儀事例の特徴

家族の一員としてどこに出かける時も一緒、切っても切り離せない関係であるすでに他界している愛犬ラブちゃん。
ラブちゃんを通してお父さんと家族の思い出を振り返っていただきます。
そして、お父さんの、ラブちゃんのそれぞれの無事を祈っていただきます。

このたびお手伝いさせていただく故人様は新潟出身で地元で奥様と出会い、転勤を機に千葉に引っ越されてきます。

千葉に引っ越されてからは娘様2名に恵まれ、
女性陣に振り舞わされながらも家族を支えていかれます。

ある日女性陣に犬を飼いたいとせがまれ、
渋々飼うことにはなったものの、お父様もすっかりワンちゃんの虜になってしまったそうです。
その愛犬がゴールデンレトリバーのラブちゃん。
どこに旅行にいくことになっても、愛犬が必ず宿泊できるところを探して旅行に行かれたそうです。
家族の写真をいくら見渡してもどの写真にもラブちゃんの姿が。
遺影写真も、普段は仏頂面のお父様も、ラブちゃんと映るお顔はどこか穏和な表情です。

そんなラブちゃんが8年前に他界して、新たに家族の一員となったのが、
これまたゴールデンレトリバー現8歳のララちゃんです。
ララちゃんは元気の象徴。
落ち着いていることはまずないそうです。
お父様に会えずにストレスが溜まっていると、奥様からの一言もありました。

ララちゃんもラブちゃんも同じように可愛がられ家族の一員として、
皆様の生活の一部として切っても切り離せない関係にあります。

であればお父様を振り返る=愛犬も同じく振り返る=家族の思い出を振り返ることに繋がると感じます。

すでに他界されてるラブちゃん、
お父様とラブちゃんがしっかりと再会できるように、
その再会こそが、お父様を無事にお見送りするうえで
家族の安心、安堵に繋がることと思います。


設営は当日ですが、ご家族は近所の目を非常に、気にされております。ですので、当日の朝に納棺するのではなく前日の夜に。
その晩は家族だけでお父様を偲んでいただきます。

当日お見えにならない方もいらっしゃるので、お父様が寂しくならないように、愛犬の写真、家族の写真、孫の写真、たくさんの写真をお部屋に並べてお父様を囲んで頂いております。

お棺の中にはお父様がどこにいかれるときも持っていったバッグ、タバコ、手帳、生活用品がありましたので、折角なのでそれはいつものバッグに収めて肩に掛けてあげましょうとお伝えしてあります。

そして、天国で愛犬のラブちゃんがお父様の匂いをかぎつけて迎えに来られることと思いますので、お父様をしっかりと導いて頂くために、リードをお父様の手に握らせてお手向けしていただきます。
ラブちゃんのご機嫌も損なわないように愛用のおやつも忘れずに。

お父様とラブちゃんの無事をご案内できるようお手伝いさせていただきます。

この葬儀が行われた斎場・葬儀場・火葬場

火葬
千葉市斎場
千葉県千葉市緑区平山町1762-2
JR外房線鎌取駅より バス(JR都賀駅 行)に乗車し「千葉市斎場」下車
JR総武本線都賀駅より バス(JR鎌取駅行)に乗車し「千葉市斎場」下車

お問い合わせ・資料請求・ご相談

葬儀ガイドに参加したい葬儀社の方へ