104

この葬儀事例の基本情報

葬儀スタイル
家族葬
規模
~50人
宗派
仏教
お見積り予算
200万円以上
葬儀費用内訳
運営スタッフ 設営セット 会葬返礼品 礼状 通夜料理 告別式
香典返し
あり
告別式実施日
2015-2016年冬

お問い合わせ・資料請求・ご相談

この葬儀事例の特徴

大好きなお母様へのお手向けになにをしたらいいのか?

喪主をつとめるのは、ご主人様。
奥様を見送り安置施設では最後まで、頭を撫でていたとのこと…
お二人の関係がこの時から伺えるほど、仲の良いご夫婦だったそうです。
インタビューをしながらお写真を見せてもらいました。
お見合い結婚から始まり、子供が生まれ、その後の夫婦生活や家族の温かな様子が伝わってきます。
実際に葬儀を執り行うのが3姉弟で、ご長女様とご次女様、施主で同居しているご長男様が打合せから同席して話を進めていきます。
葬儀に参列したことは何度もあるようですが、ご自身が葬儀を執り行うのは初めてで、不安や心配なことがたくさんあるようでした。
この様な事もあり、時間を掛けてしっかりと説明をさせてもらいました。

「焼香を失敗しないように…挨拶や順番を間違わないように…」
といった心配事で頭が一杯になってしまっているご様子なので、全てが決まってから今一度インタビューを再開!
ご自身達が何をしたいのか?
もう一度、故人様を振り返ってもらいました。

6人兄妹の末っ子である故人様は幼少より一番可愛いがられて育ち、
いつも明るく、人が寄ってくる・・・そして誰もが手を差し伸べてしまうような、
愛されタイプだったそうです。

また、旅行が好きで、国内旅行はご主人や旅仲間と色々なところへ行っていました。
自宅の庭いじりもよくしていたそうです。
今の時期は「さくら草」が花壇一面に咲いている頃で、ご近所の人たちも見に来るほどの華やかさがあったそうです。

他にもケンタッキーや揚げ物「エビフライ」「カキフライ」「天ぷら」…
「コーラ」も喜んで飲んでいた。
落ち着いて話すと、思い出話と一緒に色々な話が聴けました。

葬儀は故人様への感謝を伝えられる最後の時間です

ご家族様には故人様との最後の時間となるのが葬儀であること。
本当に最後の時間になると伝えています。
家族が気持ちを合わせて送り出す時間になるのです。

ご家族様にあっては、故人様との最後の大切な時間なのに
「葬儀は儀式であって、多くの人たちに見られているのだから間違わない様に…
会葬者・親族に失礼が無いように…」というような
外に目を向けることに囚われてしまっていて
母親に想いを届けて、しっかりとお見送りをするという大切な事を忘れてしまっています。

本葬義において、何が大切なのか?
何をすべきなのか?
ご家族にお話をさせてもらいました。
残された時間で家族ができる事をしっかりと準備してもらいます。

故人様のお庭をイメージしたガーデン風パネル飾り

この度の式場は大和斎場、家族葬でのご葬儀となります。
式場ロビーには受注したパネルをお飾りしますが、ここは故人様のお庭をイメージした
ガーデン風にいたします。足もとには「さくら草」の花をお飾りします。
最後のお別れにはケンタッキーとコーラも用意してお手向けしてもらいます。
そして、家族が故人様の為に拘ってきた、お花の色が「藤色」です。
ずっと見守ってきたご主人から奥様へ最後のブーケをお手元に手向けてもらいます。
そして、同じ「藤色」のコサージュを胸に・・想う心は一つ・・ご夫婦らしく共通の色合いをもってのお別れです。
ご葬儀が終わって、振り返る時間の中で母親の喜ぶ顔が見えれば幸いです。

この葬儀が行われた斎場・葬儀場・火葬場

通夜、告別式
大和斎場
神奈川県大和市西鶴間8-10-8
小田急江ノ島線鶴間駅より 徒歩20分またはタクシー5分
相鉄本線さがみ野駅より 徒歩20分またはタクシー5分
火葬
大和斎場
神奈川県大和市西鶴間8-10-8
小田急江ノ島線鶴間駅より 徒歩20分またはタクシー5分
相鉄本線さがみ野駅より 徒歩20分またはタクシー5分

お問い合わせ・資料請求・ご相談

葬儀ガイドに参加したい葬儀社の方へ